kirimoji-hako-01

金属箱文字について

平面的な看板よりも店名などを際立たせ、お客様に伝えたい情報を届けられる重要な要素となります。素材は、ステンレスや亜鉛、真鍮などの金属を使用しています。金属ならではの高級感や存在感を演出するのに長けていて、ステンレスならば錆びにくく腐食に強くなり、亜鉛や真鍮などはそれぞれの風合いを活用することができます。

金属箱文字のメリット

立体感と高級感は立体文字の中でナンバーワンですので、人目を惹くこと間違いなしです!
他の文字看板に比べ初期投資としての金額は高いですが、店舗・施設の高級感の演出から集客UPまでお手伝い可能ですし、金属切文字同様、耐候性に優れていますので、どんな切り文字よりも長くお使いいただけるかと思います。

但し、素材によってはサビなどが出やすいものもございます。

ご参考事例をこちらへ

金属箱文字の仕様形状

表面

裏面

材質・仕上げ

制作事例

kirimoji-metal_09
kirimoji-metal_010
kirimoji-metal_011

参考価格の計算方法

moji10

kirimoji-metal_07

切文字の取付方法

取り付け方法について

取付原稿を商品と共にお送り致しますので取付も簡単です。
壁面に取り付け原稿を仮留めし、ドリルで穴をあけます。その際、小さなリード穴をあけた後、ボルトより少し大きな穴をあけます。正しく穴が開いていたら、取付原稿を外してコンクリートボンドなど、設置する場所に適した接着剤をアンカーボルトにつけます。
アングルピースタイプの場合は、アングルピースが内側に入るように箱文字をかぶせ、ビス留めをして、文字表面のビニールを剥がして完了です。

設置面について

取付面に凹凸がある場合は取付することはできません。金属箱文字の裏面は平らですので、設置面に凹凸がありますと、壁面に対し垂直に取付不可となります。また、壁面からボルトが剥き出しの状態になる可能性がございます。

切文字注意事項

◎文字の太さについて

箱文字(BOX文字、チャンネル文字)の立ち上がり部分の溶接などに必要な線幅が最低10mm以上となります。 文字のサイズが大きい場合、線の幅も太い場合が多いのですが、サイズが小さい文字に関しましては太めの書体をお勧め致します。

◎書体形状による製作可否

図の右のようにパスにガタつきがあり、線幅が10mm以下の場合、箱文字の製作は不可となります。 箱文字に限らず、立体文字は滑らかなパス、及び太めの書体が向いております。

データ入稿について

moji11
kirimoji-metal_07
-->